徹底した保湿

赤ちゃんに授乳をしていないときは、おっぱいを保湿しておくことが大切です。大したことのないことのように思えますが、乳房は本当に敏感かつデリケートなところですから、常にケアをしておくことが大切なのです。赤ちゃんが授乳のコツを掴むまで、しっかりと保湿するための方法をご紹介します。

手順としては、赤ちゃんへの授乳後は乳頭に馬油をつけ、乳輪から先をラップで覆うようにします。たったこれだけで、とても簡単な手順ですおっぱいの傷を防ぐことができるため、とてもおすすめの方法です。赤ちゃんの口に入っても大丈夫な馬油を使ってあげれば問題ありませんし、産院によっては準備してくれるところもありますから、必要に応じて準備をしておくのも悪くはないでしょう。

それでも乳頭に傷ができてしまった場合、素直にお医者さんに行くといいでしょう。それによって原因や対処法をアドバイスしてもらうことができる可能性が高くなります。とにかく赤ちゃんに授乳をさせる間は、おっぱいにうるおいを与えることを意識しておきましょう。

ちなみに、赤ちゃんによって乳房が傷ついてしまうことには人によって原因がありますから、完璧を目指すことを考えないようにしましょう。自分自身の体調に合わせてその時々でベストな方法を考えるようにしたいところです。